オフィス匠株式会社

電話 072-424-5554 受付時間 9:00~17:00定休日 日曜日

AMPページ

AMPページは、モバイル向けに最適化されたAMP独自のタグを使ったページです。スマートフォンでは検索結果に

AMPロゴ

モバイルの普及とともに、Webページの高速化を目的にした動きは、AMPページという独自仕様に基づく高速ページが生まれました。

AMPページは、Accelerated Mobile Pagesの略で、モバイルでの検索結果に表示される

Googleもモバイルファースト紹介したようにサイトの高速化は帯域の狭いモバイルユーザーの利便性を向上させるため推奨しています。

AMPページとは

高速化に特化した仕様

AMPはOpenJSFoundationという団体が開発する規格をもとにスピードを追求したコンテンツの公開方法です。

OpenJSFoundationには、GoogleやMicrosoft、IBMなど多くのメジャー企業がメンバーとして参加しています。

AMPページの特徴は、JavaScriptを非同期にすることで高速化を実現しています。また、画像などの外部リソースもダウンロード前にサイズと位置を判定できるようHTMLに様々な制約を持たせています。一例ですが、ドキュメントとレイアウトを切り離し、読み込み時に再レイアウトを行わず表示できるため高速化を実現しています。

AMP専用タグ

AMPページ作成では、従来のHTMLタグ以外にAMP専用のタグで記述必要が有ります。代表的なAMPタグとしてamp-imgタグが有ります。これは、AMP専用のimgタグです。このことからも、AMPページは専用のTAGを用いたページ作成が必要になることが分かります。

しかしAMPタグの多くは、読み込みに時間がかかる要素を可能な限り動的に後読み出来るように考えられた結果生まれたタグです。

CSSインライン化

AMPでは、すべての CSS のインライン表示とサイズ制限(50キロバイト以下)を義務付けています。

CSSは、コンテンツ毎に内部に記述する必要が有り、外部ファイルの参照はできません。Head内にstyleタグを用いてスタイルシートを埋め込むか、html内に直接インラインで記述する必要が有ります。

早くするための制約

一般のページとの差に少し触れましたが、AMPページは、速度を徹底的に追求する手法を組み入れたWebコンテンツの記述方法で公開したページです。

現時点で、全てのサイトコンテンツの代替は難しいかもしれません、しかし現時点でもAMPの機能拡張は進んでいますから、サイト全体をAMPで公開することも可能です。

構造化データのページでも触れましたが、セマンティック・ウェブの一環で、AMPページも構造化データを埋め込むマークアップも必要となります。

基本的に構造化データは、内容がほぼ同じであれば、Canonical(標準)ページと同様の構造化データを使えます。

なぜAMPページが求められるのか

速さはユーザーエクスペリエンスにつながる

モバイルファーストと重なる部分が多いですが、スマートフォンの普及と狭い帯域でのユーザーエクスペリエンスを追求する上で、AMPのニーズが高まりました。Googleは過去に、検索ユーザーが「モバイル フレンドリー」 ページを見つけやすくするために「スマホ対応」と表示する工夫をしていました。

デスクトップ向けのブラウザーにリッチコンテンツのためのFlashなどを用いるサイトが増え、読み込みに時間がかかるのが当たり前になっていた時代のことです。

現在、Flash Playerサポート終了し、HTM5の時代になるとリッチコンテンツはJavaScriptで対応する手法に完全移行されました。HTML5で記述しても、機能として遅延読み込みは可能ですが利用の制約はありません。モバイルの時代に逆行したコンテンツの増大に対処する策として、ユーザーに高速でコンテンツを提供できるページ公開手法が求められるようになりました。

そこで、AMPが登場しました。コンテンツの書き換え、外部ファイルの参照廃し、最短で画面表示できる仕様をもとに、AMPの開発が進んできました。

この取り組みの根底にあるものは、モフビルファーストであり、ユーザーエクスペリエンスの向上を目的とする取り組みです。

CanonicalとAMP

Googleは、検索インデックスにAMPを優先登録することはありません。あくまでCanonical(標準)ページとAMPを両方公開している場合は、Canonicalをインデックスに用いることは、モバイルファーストのコンセプトでも紹介しました。

このことから、AMPページにより直接的にSEOの効果を及ぼすものでは無いと言えます。しかし、モバイル検索が主流の時代、AMPページは、

また、AMPページは、ページ速度を前提にコンテンツの見直しを検討する際、役立つ手法が用いられています。このことからCanonicalページでも参考にすべきことをAMPから類推することができ、PageSpeedの向上に役立つサイト運営の多くの要素を発見できます。

Googleが追求するユーザーエクスペリエンス

先述しましたが、モバイルファーストを起点にした検索結果の多用化はすべてユーザーエクスペリエンスの向上の為です。

Googleが推奨する要素に、AMPも含まれています。当然何らかの対応をすることでGoogleとの親和性は向上します。直接的・間接的にSEO効果も期待してしまいます。GoogleSerchConsoleでもメニューにAMPが表示されるようになりました。

サイトを運営する上で、Googleの動きを見逃さず、対処を続けることがSEOなど顧客設定を増加させる活動となり、AMPも現時点で直接的効果はあまり見えてきませんが、今後導入することでメリットを生み出す可能性は十分に有ります。

しかし、AMPページを導入するということは、言い換えるとサイトを2種類の重複したページで構成するということです。

これはサイト運営上大きな負担であるといえます、CMSなどを用いてもAMP専用タグや独自のページ構成など、簡単に対処できるものではありません。

AMPページにすると

AMPのメリットは表示速度

モバイルファーストに対応したページ速度をもつCanonicalページでサイトを運営する場合、現時点でAMPだからメリットがあるかと言えばありません。インデックスは一つで、CanonicalページとAMPページを併用する場合、Canonicalをインデックスするので、AMPを公開するメリットはやはり最速の仕様による表示速度以外にありませn。

ただ、モバイルユーザーにとって、

前述しましたが、AMPには多くの速度向上のアイデアが有ります。SPAなども、AMP同様CSSのインライン化などAMPの方法を組み込んでいます。今どきのWebページの作り方の参考になることは確かです。

現時点でAMPの効果は見えない

SEOで効果など、サイトコンテンツの2重化にコストを掛ける価値が有るとは現時点では見えてきません。

しかし、モバイルファーストの時代、検索端末のシャアがモバイルが圧倒的に増えた今、AMPページが全く意味がないとも思えません。

ユーザーの多くは、移動中、少し時間が有るとき、サイト検索による情報収集を行っていると考えられます。

顧客接点を少しでも増加させ、サイトに少しでも多くの導入をしてもらえるためにも、AMPは一つのツールになると考えるべきです。

導入コストを考慮し、AMPページの活用を考え、他社との差別化など、サイトで効果を生み出すことが難しい局面にGoogleとの親和性向上策が思わぬ効果を生み出すケースも多々あります。

コストに見合う成果を絶対に求めるなら、AMPページの導入を見合わせるべきです。しかし、現状の頭打ちを打開する策を探しているなら、AMPページは一つの策かも知れません。

AMPページのまとめ

AMPはモバイルファーストの一手

AMPページの目的は、やはりモバイルユーザーに特化したユーザーエクスペリエンスの向上だと言えます。しかし、Googleは、AMPとCanonicalが有る場合、Canonicalがインデックスに登録されると明記しています。

しかし、スマフォなどモバイルデバイスで検索すると、AMPマークの入ったページが表示されます。

これは、AMPとCanonicalページが有る場合、インデックスにはCanonicalページしか登録されなくても、モバイルの検索結果にAMPページが対応していると考えるべきです。

あくまでも想像ですが、モバイルファーストを求めるGoogleは、ユーザーエクスペリエンスの向上のため、AMPページをモバイルユーザーには表示したいと考えているはずです。

当社も、あえてAMPをコンセプトにする意味として、モバイルファーストを追求するとAMPページも公開する。AMPは、モバイルファーストの一つの手法で、必ず役に立つと考えているからです。

AMPは次世代?コンテンツ

日々増え続けるサイト、Ipv4の枯渇など、インターネットは多くの課題を抱えています。

モバイルの普及も大きな課題ととらえると、Googleがモバイルファーストを求める理由も何となく理解できます。

AMPは、Webの世界を大きく変える独自の、そして新しい概念に基づく仕様でWebページを公開できる手法です。

最近、HTML5が廃止という事を目にします。別にHTML5が使えないとかではなく、今後、HTML Living Standardという仕様に統一されたためです。

AMPがこのまま、HTML5の代替になるとは考えにくいですが、HTML Living Standardでは、AMPの仕様などを取り入れる可能性もあります。

モバイルファーストを起点にすることでこの先のWebコンテンツの軽量化がさらに進み、Web活用を推進する上で役立つことが予想できます。

HTML5は、多くの変革をもたらしてくれました。今後HTML Living Standardに基づく仕様でHTMLは変革を続けるはずです

その中には、高速でページを取り扱える仕様も増えるはずですし、サイト運用時の利便性を向上させる機能拡張も増えていくと思います。

これからのWebも日々進化続け、全てはユーザーエクスペリエンスの向上のための進化を続けると思います。

そんな、端境期と言える時期に登場したAMPという未来志向のWebコンテンツが登場し、Googleが推奨するという事を考えると、サイト運営者は、今後も多くの変革に対応したサイトを公開する必要が有ると言えます。

ですから、AMPを経験することが無意味とは考えない方が良いと断言できます。

お問合せフォーム

は、入力が必須となっております。